2021年第16回
日本構造デザイン賞

総合選考評

前の受賞者
次の受賞者

──
坂田 涼太郎
(さかた・りょうたろう)

──

坂田 涼太郎

経歴(受賞時)
1973年 東京都生まれ
1997年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1999年 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修了
1999年 金箱構造設計事務所入社
2012年 坂田涼太郎構造設計事務所設立
2016~21年 早稲田大学非常勤講師

主な作品
青森県立美術館*1(2006)
広島市新球場*1(2009)
工学院大学125周年記念総合教育棟*1(2012)
道の駅あいづ*2(2014)
神奈川大学国際交流センター(2015)
道の駅平泉(2017)
野々市市文化交流拠点施設(2017)
屋久島町庁舎*2(2019)
柳小路南角(2019)
奈良の木を使用した移動式仮設体育館*2(2021)
道の駅たのはた*2(2021)
(*1:金箱構造設計事務所での担当物件、*2:稲山正弘氏と協働)

著書
『構造設計を仕事にする-思考と技術・独立と働き方-』(共著、学芸出版社)、2019年

──
土佐市複合文化施設
──

2021_1_01 2021_1_02 2021_1_03 2021_1_04 2021_1_05 2021_1_05

土佐市複合文化施設。ホール内観。撮影:中村絵  ▶

土佐市複合文化施設
所在地:高知県土佐市高岡町/主要用途:図書館、ホール、公民館等/竣工:2019年/発注者:土佐市/設計:マルアーキテクチャ・聖建築研究所設計共同企業体/施工:戸田・豚座・尾崎特定建設工事共同企業体/敷地面積:3,779.63㎡/建築面積:2,767.85㎡/延床面積:10,857.22㎡/階数:地下1階、地上4階、塔屋1階/構造:免震構造、RC造(地下階)、S造(地上階)/工期:2018年2月〜2019年10月

──
選考評
──

 子どもにとって最初の社会的な空間となる幼稚園、保育園、そしてこども園には、集まる空間としての社会的で包容力のあるスケールと、住宅のような親密感のあるスケールの双方が求められる。こうした幼児の空間に求められるアンビバレントな要求を、扇形の平面計画とダイナミックな木造の断面形状によって解いている。高い天井をもつシンボリックなホールとヒューマンスケールな保育室、自然に戸外へとつながるテラスという構成のうちに、見事に求められる空間が具現化されている。また、木造の架構も適切にスチールの部分と組み合わせられることで、無理なく大らかなで多様な空間が一流れの構造の中に包摂されており、計画、意匠、構造の連携がとれた好事例となっている。

篠原 聡子(選考委員・建築家)

 「ちぐさこども園」は群馬県沼田市の高台に建つ認定こども園である。ステージを要とするホールから複数の保育室へと広がり園庭につながる扇形の空間構成で、上昇感のあるホール天井が印象的な木造建築である。部分的にSやRCを用いることで、力学性能と部材スケールに配慮されたハイブリッドでもある。施工性やコスト等の検討を経て実現した形態と構造は、シンプルな放射方向の釣合系を基本にしながら雪や風などの偏在荷重等には立体効果も期待される。また、構造要素やその隙間も遊具の一部になっているのも興味深い。
 一般的にあらゆる点で優れているモノやコトは稀であり、構造における材料や仕組みも同様である。時代の追い風もあり木造が採用されることが増えてきているが、さまざまな配慮がなされてこそ、その良さが安心感をもって得られる。木下洋介さんは、これまでに木造とRC耐力壁を組み合わせることで空間と耐震性を整合させることなどを実践されてきており、本件ではスチールをフェールセーフとして組み合わせることで引張系木造のクリープ問題を解決されている。
 構造デザインのプロセスに、時代性や社会性を考えながら取り組まれている姿勢と構造性能に対する鋭い洞察が感じられ、木下洋介さんは構造デザイン賞に相応しい構造家であると考える。

向野 聡彦(選考委員・構造家)

◀前の受賞者                   2021年第16回日本構造デザイン賞総合選考評    次の受賞者▶